診療科・部門SECTION

診療科

当院は高齢者の方々の医療と健康を守ることに特に力を入れております。患者さまやご家族とのコミュニケーションを大切にし、心の通じ合う診療を行うことを心掛けております。

総合診療科

総合診療科では、特定の臓器・疾患に限定せず多角的に診療を行います。専門的な治療が必要な場合は、専門科に紹介を行っています。

  • 院長 兼 総合診療科部長
    辻川 勝次 (つじかわ しょうじ)

    【専門医/指導医】
    ・日本外科学会認定医

内科

咳・鼻水といった風邪症状から高血圧などの生活習慣病など、患者さまの様々な症状に対し幅広い診療を行ます。必要な検査を経て病気を診断・治療もしくは専門科への紹介を行います。健康診査を実施しておりますので、お気軽にお問合せください。

  • 名誉副院長
    舌津 美直 (ぜっつ よしなお)

    【専門医/指導医】
    ・日本内科学会員

  • 内科部長
    韓 治燮 (はん ちそっぷ)

外科

適確な診断や最適で患者さまに優しい治療を実践します。外傷や外来での小手術中心の診療体制をとっております。

  • 理事長 兼 名誉院長
    鹿島 洋一 (かしま よういち)

    【専門医/指導医】
    ・日本外科学会認定医
    ・日本麻酔科学会標榜医
    ・大阪府和泉市医師会副会長
    ・大阪府市立病院協会常任理事
    ・日本慢性期医療協会理事

  • 副院長 兼 外科部長
    西村 和明 (にしむら かずあき)

    【専門医/指導医】
    ・日本外科学会員
    ・日本緩和医療学会員

  • 千佐 俊博 (ちさ としひろ)

    【専門医/指導医】
    ・日本外科学会認定医
    ・日本消化器外科学会認定医

脳神経内科

脳の神経に異常が起こると、めまい・頭痛・吐き気・意識消失・痙攣・痺れや感覚が鈍くなどといった、様々な症状が現れます。
CTやMRIなどの検査や医師の判断により、適切な診断を行い、患者さまに最適な治療法を提案いたします。

  • 副院長 兼 医局長 兼 脳神経内科部長
    田 和男 (たかだ かずお)

    【専門医/指導医】
    ・近大医学部卒業(医学博士)
    ・日本神経学会 専門医
    ・日本臨床神経生理学会 認定医
     (脳波分野・神経伝導検査分野)

循環器内科

循環器内科では狭心症・心筋梗塞・不整脈・心不全・弁膜症、閉塞性動脈硬化症などの心疾患の診察を行います。患者さまがご安心いただけるよう、丁寧に診療を行っています。

  • 循環器内科部長
    澁谷 敏行 (しぶたに としゆき)

    【専門医/指導医】
    ・近畿大学医学部卒業(医学博士)
    ・日本循環器学会認定循環器専門医
    ・日本内科学会総合内科専門医
    ・日本内科学会認定内科医

整形外科

事故や加齢に伴う骨や筋肉、関節の障害を中心に対応しております。

  • 亀井 眞行 (かめい まさゆき)

    【専門医/指導医】
    ・日本整形外科学会認定専門医

放射線科

放射線科は、現在放射線技師2名で構成しており、一般撮影、X線CT、X線透視装置を使用して、院内、院外からの検査紹介に対して、日々の診療に貢献しております。また、専門の放射線科医による写真の読影により、精度の高い診断能力による病気の発見に日々努力しております。
検査による放射線被曝に関しても、患者さまが安全に検査を受けていただけるよう、各放射線技師それぞれが被曝低減に努めております。不明な点、不安な点がございましたらその場で担当技師にご相談ください。
当放射線科では、患者さまに負担が少なく、安全で質の高い画像診断を提供できるよう日々努力しております。

一般撮影 一般撮影検査では、胸部、腹部、全身の骨の撮影をします。
X線透視撮影 X線透視検査とはX線を使って体内の透視や撮影を行う検査です。
この検査は多岐に渡っており、X線透視撮影装置のみで行う検査もあれば、X線透視撮影装置と内視鏡や超音波(エコー)を併用する検査もあります。また、検査の内容によってはX線で体内を透視しながら検査と治療を同時に行うことも可能です。
マルチスライスCT 平成30年3月、新型16列マルチスライスCT(Supria Advance:日立製作所製)を導入致しました。
  • 患者さまの体型に合わせて撮影X線量を変えて被ばく量を抑える機能や、低線量での撮影時に発生する画像ノイズを大幅に低減する機能など、患者さまに優しい撮影が行えます。
  • 16枚同時に撮影できるマルチスライス検出器を搭載、広い範囲を短い時間で撮影できます。患者さまの呼吸止めの負担が軽減されます。
  • 高精細な画像が得られます。また、3次元画像表示により複雑な血管走行や病変形態が把握でき、これまでのCTでは難しかった微小な病変の確認ができます。
  • 開口経が75cmと大きいので、圧迫感が少なく、安心して検査を受けて頂くことができます。

医療機器

  • マルチスライスCT

  • X線装置

  • ポータブルX線装置

  • X線TV装置

  • 脳波計/心電図計/超音波エコー装置(左より)

  • 看護部ご紹介
  • 採用情報
  • グループホーム いずみ池上の里
  • 特定医療法人 新仁会 奈良春日病院
  • 春日グループホーム「雪・月・花」
  • 訪問看護ステーション こまどり

PAGE TOP